L’ATERILE de SHIORIは生徒の皆さんと一緒に作る実習中心のレッスンです
  • 季節のおうちごはん
  • 旅するおうちごはん
  • ビギナー
  • 和食
  • 花嫁
  • ペア
  • パン・お菓子
  • 菜園イタリアン
  • クリエイティブ・キッチン

レギュラーコース

季節のおうちごはん(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金6,500~円/回 各クラス定員16名

メニュー <2月>

バーミキュラで作る日々ごはん篇/8,000円

先日発売したバーミキュラで作るSHIORIの日々ごはんの中から特にお気に入りのメニューをご紹介します。この冬一番よく作った塩豚の煮込み、無水調理を生かした野菜のうまみが染み渡る白いミネストローネ、鍋で焼くもちもちのフォカッチャ、ポルトガルの思い出の味パンデロー(半熟カステラ)に新作メニューを1品ご紹介します。素材のうまみを生かしたバーミキュラならではのメニューをバーミキュラをお持ちの方も、これから購入を考えている方にもおすすめのレッスンです。

  • ●白いミネストローネ
  • ●鍋焼きフォカッチャ
  • ●塩豚と白インゲン豆の煮込み
  • ●パンデロー(半熟カステラ)
  • ●他新作1品

<2、3月>

大人の洋食屋さん篇/8,500円

リクエスト多数の蟹クリームコロッケのレッスンがついに単発レッスンに登場。おいしく作れたら料理上級者!なイメージの強いコツ満載の蟹クリームコロッケをご紹介します。ビストロの冬の定番じっくり炒めたあめ色玉ねぎで作るオニオングラタンスープに、濃厚なコクのハヤシライスです。テーマは永遠の憧れ”大人が喜ぶ、大人のための”お子様ランチです。

  • ●オニオングラタンスープ
  • ●蟹クリームコロッケ
  • ●気まぐれサラダ
  • ●洋食屋さんのハヤシライス
 
旬の食材を使い、定番家庭料理をはじめ、季節のイベントに役立つメニューを取り入れたレッスン。デイリーごはんから時にはお弁当やおもてなしまで幅広くバラエティーに富んだレッスンです。もちろんビギナーさんも大歓迎です。
※写真はイメージです
スケジュールを見る

旅するおうちごはん(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金7,500円~/回(素材によって変動します) 各クラス定員16名

メニュー <2、3月>

2、3月のレッスンはお休みです

 
SHIORIが海外を旅して習得した家庭料理を日本の家庭でも作りやすいレシピにアレンジしてご紹介します。おもてなしやハレの日の食卓にピッタリ!現在はフランス、イタリア、タイ、ポルトガル、バルセロナ…。今後も旅を通して様々な国の家庭料理を学び、取り入れていく予定です。
※写真はイメージです
スケジュールを見る

ビギナーレッスン(講師:村山瑛子)(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金:6,000円~/回(※) 各クラス店員16名

※写真はイメージです
ひとり暮らしのミニキッチンでも、無理なく作れる、そんなビギナーさん向けのレッスンを村山瑛子が担当します。身近な食材で、簡単だけど、おしゃれに見栄えよくをモットーに、これから料理をはじめたい初心者さん、大歓迎!
実習メインですぐに役立つレッスンです。
メニュー <2月>

さばの味噌煮/7,000円

  • ●さばの味噌煮
  • ●きゃべつとささみのさっぱりごま和え
  • ●具沢山きんぴら
  • ●すまし汁
  • ●季節のごはん

さばの味噌煮をメインとした和食の定番献立です。鯖は臭みがなくふっくら仕上げる方法をお教えします。副菜のきんぴらとごま和えはお弁当や作りおきにも◎みなさんの家庭の定番になること間違いなしです!

<3月>

ロールキャベツ/7,000円

  • ●ロールキャベツ
  • ●キノコとベーコンのピラフ
  • ●サーモンのマリネサラダ
  • ●マッシュルームのパン粉焼き
  • ●スペイン風オムレツ

旬のキャベツをトマトソースでじっくり煮込んだロールキャベツを作ります。上手な包み方や長時間煮込んでもお肉を柔らかく仕上げるコツをご紹介します。炊飯器で作るたっぷりきのこのピラフや彩り鮮やかなサーモンサラダ、ワインに合う簡単おつまみと一緒にどうぞ

 
写真
村山瑛子

女子栄養大学食文化栄養学科卒。卒業後からSHIORIのアシスタントを務め、この春からアトリエのスタッフとして働く。その傍らで雑誌のレシピ提供、スタイリング、料理番組、映画の製作にかかわる。著書に「手抜きでサクッと♥イイ女ごはん」がある。

スケジュールを見る

旬を愉しむ季節の和食レッスン(講師:吉田愛) 料金:9,000円~/回(※) 各クラス店員16名

※写真はイメージです
お店の味をお家でも。 出汁の引き方、食材の切り方といった和食の基本に加え、プロが用いる調理のコツや、美しい盛りつけ方まで、ワンランク上の家庭料理を丁寧にご紹介します。
家ごはんのレパートリーを増やしたいという方にもお勧めです。
メニュー <2月>

冬の献立/9,000円

  • ●ぶり大根
  • ●大根葉の混ぜご飯
  • ●鯛のかぶら蒸し
  • ●長芋の和風ポテトサラダ
  • ●金時人参とごぼうのきんぴら
  • ●白子のフライ
  • ●金柑蜜煮

冬の定番のぶり大根は、定番だからこそ知っておきたい、美味しく作るコツ、ワザを丁寧にご紹介します。
そして和食屋さんで食べる冬のご馳走かぶら蒸しは、ご家庭でも作りやすいレシピに。鯛の卸し方もデモンストレーションでお見せします。白子は下処理の方法から調理の仕方まで学べるので、ワンランク上の食卓になること間違いなしです。

<3月>

春の献立/9,000円

  • ●深川めし
  • ●筍しんじょと菜の花 銀餡掛け
  • ●鰆の西京焼き
  • ●玉子豆腐
  • ●伽羅蕗
  • ●こごみのお浸し
  • ●桜長芋酢漬け
  • ●新キャベツと桜海老の浅漬け

春野菜の代表といえば筍です。しんじょにして餡をかける新しい食べ方をご紹介します。旨味たっぷりのあさりは漁師さんの日常食として食べられてきた東京の郷土料理「深川めし」に。あさりの砂抜きや筍の下処理など食材の基本的な扱い方も覚えましょう。

 
写真
吉田愛

大学を卒業後、SHIORIのアシスタントを務めながら東京の日本料理店にて和食を学ぶ。
その後、より本格的に和食を学ぶ為に京都にて修行。
利き酒師の資格を持ち、現在は東京青山の日本料理店で調理と日本酒の選定を担当。

スケジュールを見る

花嫁レッスン(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金89,00円/6回 各クラス定員16名

花嫁レッスン前期、後期を終了された皆さんからの熱いリクエストを受け、そのひとつ上のクラスが誕生しました。
既に花嫁レッスンを卒業されたみなさんや、定番家庭料理はなんとなくひと通り作れるけれどもうワンランク上を作りたい!という方を対象にしたクラスです。
例えば、豚肉で作るケチャップ味の家庭酢豚は作れるけど、お店で出てくるような外はカリッと揚がった黒酢酢豚も作ってみたい!というように、家庭でこんな料理が作れたら、作る自分も嬉しいし、食べる相手も喜ぶだろうなぁ。というメニューを厳選しました。素材や作り方にほんの少し特別感のある上手に作れたら思わずガッツポーズをしたくなるようなそんなメニューです。自信の新作レシピを揃えてお待ちしております。
欧風カレーを作る日は、カレーをコトコト煮込みながら、その空いた時間にはじめての試みで座学を行います。調味料の試飲、選び方、おいしさの構造を知り、毎日の買い物や献立作りに役立てもらえたら嬉しいです。

※仕入れ状況等によりメニューの内容が変更になる場合がございます
※6か月を通し、基本的には同じ曜日のレッスンに通って頂きますが、ご都合が合わない月はお席に余裕があれば同レッスンの他の曜日のクラスに振替が可能です。月により、第一週に開催の場合と、第二週開催の場合がございますのでご注意願います。
privilege

レッスン終了時に、SHIORIも愛用する究極の無水調理で素材本来の味を引き出す、メイドインジャパンの鋳物ホーロー鍋『VERMICULAR・バーミキュラ』(14センチ)をプレゼント。お好きなカラーをお選び頂けます。
機能性はもちろん、見た目も可愛いので料理の時間が楽しくなること間違いなしです。

メニュー

10月

秋の和定食

栗ごはん、魚の煮つけ、手作りがんもどき、小鉢、きのこ汁の献立です。
栗ごはんは栗の下ごしらえからはじめます。魚屋さんと相談し、その時期に脂ののった美味しい切り身魚を使ってごはんがすすむこっくりとした煮魚にします。具だくさんがんもどきの揚げたての美味しさは格別です。

11月

常備菜とお弁当

デイリーにも、行楽にも使えるお弁当をご紹介します。普段の夕食の作り置きとしても役立つおかずを肉、魚、野菜をまんべんなく7~8種類と炊き込みごはんも作りましょう。
おひとり一つずつお弁当箱に詰め、汁物と一緒にお召し上がりいただきます。

12月

クリスマスに食べたい蟹クリームコロッケ

花嫁レッスンでご試食頂いた蟹クリームコロッケ。一から作ってみたい!というリクエスト多数につき、実習メインに再登場です!覚えておきたいローストビーフも。Wメインを張れるハレの日おかずですが、ここではローストビーフはサラダ仕立てにしてお召し上がりいただきます。スープの素を使わずに作る、うまみたっぷりの白いミネストローネも。

1月

モダンチャイニーズ

餃子や麻婆豆腐などは既にこれまでの花嫁レッスンでご紹介したので、ここでは、モダン中華をご紹介します。表面をカリッと揚げた豚肉を黒酢あんに絡めます。中華あんをかけた茶碗蒸しに、お酒が進む創作中華の前菜もご紹介します。

2月

欧風ビーフカレー

ビーフがごろっと入った、みんなが大好きなカレー屋さんで頂くあのカレーです。市販のカレールウを使わず、一から作ります。付け合わせは、わたしが好きな欧風カレー屋さんを真似して蒸したじゃがいもに、野菜のピクルスとサラダです。煮込んでしまえば手が空くので、その間に座学をします。

3月

ハレの日の和食

天ぷら、ちらしずし、若竹煮。手間ひまかけた和食でしめくくりです。おうちでカラッと揚げる天ぷらはぜひともマスターしたいところ。お祝いごとに欠かせない華やかなちらしずしも。採れたてたけのこの美味しさは格別です。たけのこの下ごしらえもここでしっかり押さえましょう。

すべて季節のフルーツやSHIORIの気まぐれデザートがつきます。
※仕入状況により内容が予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
スケジュールを見る

ペアレッスン(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金12,000円/2人1組1回(素材によって変動します) 各クラス定員8組

とある日のデートのひとコマとして一緒に料理を楽しむレッスン。彼氏・彼女を誘って、特別なひとときを過ごすのはいかがですか?
メニュー <2、3月>
  • 2、3月のペアレッスンはお休みです
 
スケジュールを見る
今後も様々なイベントやレッスンを追加していきますのでどうぞお楽しみに。
一番上へ

その他のコース

パンクラス(講師:ムラヨシマサユキ)料金8,00円/回 各クラス定員16名

芸術的なカタチのパンを作るなら修行が必要ですが、毎日食べるパンを手作りすることはぜんぜん難しいことではありません。ただ、ちょっとの時間と、パンをふくらませる発酵ということをしらないといけません。
この教室では、初心者の方でも家庭で気軽につくれるようなレシピを中心に、たまに、がんばっちゃうレシピなどにも挑戦していきます。
メニュー
<2月>
2月のパンクラスはお休みです
<3月>
豆乳のプチパンとお惣菜のレッスン/16名/7,500円



シンプルなプチパンとお惣菜のレッスンの第2弾は、粉とほぼ同量の豆乳でこねてつくる、ふんわりもっちりで、ほんのり甘い、お豆好きさんにおすすめのプチパンです。お惣菜はお豆の風味あわせて、蒸したり、和えたりと、優しい味付けの普段着のおかずをご紹介いたします。パンは成形からの実習となり、こねなどはデモンストレーションとさせていただきます。おかずの実習もあります。
※写真の料理はイメージです。

スケジュールを見る

お菓子クラス(講師:ムラヨシマサユキ)料金8,000円/回 各クラス定員10名

フランス菓子の基本をベースに、家庭でもつくりやすいスタンダードなお菓子をレッスンしていきます。クッキー、パウンドケーキ、ババロア、ゼリー、スポンジケーキ、シュー、パイ、コンフィチュールなどなど。これを知っていたら、一年中の菓子作りがたのしくなると思うものをお伝えしていきます。よく見知ったお菓子でも、お店なみに美味しくつくるコツをしっていれば、プレゼントにも喜ばれるし、何よりいちばん自分がうれしいです。
メニュー
<2月>
2月のお菓子クラスはお休みです
<3月>
レモンクリームのタルト/16名/8,000円



甘酸っぱいレモンカードがたっぷり乗ったタルトをご紹介します。レモンパイといえば、上にメレンゲが通常のりますが、今回は時間の都合上、蜂蜜生クリームをのせて、タルトに仕立てます。タルト生地作りのデモンストレーションのあとは、麺棒での生地伸ばし、敷きこみ、レモンカード作り、盛り付けと、おひとり15cm大のタルトをほぼ全行程を、一台ずつ実習して、そのままお持ち帰りいただきます。美味しいレモンクリームタルトを作っていただきたいので、いつもよりちょっとだけスパルタレッスンです。タルトの生地の敷きこみのコツを知りたい方、カスタードソース系のレモンカードの炊き方を上手になりたい方におすすめです。

※当日はアルミ製の簡易の型で実習し、そのままお持ち帰りいただきます。タルトをお持ち帰りできる、18cm大のケーキ箱が入る、マチの広いお手提げ袋をお持ちください。
※お帰りのお持ち歩き時間がある方は、保冷剤をご用意ください。レッスン中、冷凍庫にてお預かりいたします。

スケジュールを見る
写真
ムラヨシマサユキ

製菓学校を卒業後、ケーキ店、カフェ、レストランで勤務後、パンとお菓子の教室「ダイドコ」を始める。
「家で作るからおいしい」をコンセプトに、繰り返しつくれるシンプルなレシピを提案している。
著書『シンプルでおいしい おうちパン』河出書房新社刊

藤田承紀の菜園イタリアン(講師:藤田承紀)(レッスン料、テキスト代、材料費、ドリンク代すべて込み)料金:9,000円~/回(※) 各クラス店員16名

※写真はイメージです
※写真はイメージです
旬野菜を主役にした、菜園イタリアン。自身も野菜を育てている講師が、美味しい旬の野菜の見分け方、扱い方、うまみの引き出し方をお伝えします。年々注目度を増している、野菜だけで美味しさを引き出したビーガン対応の料理を中心に、肉や魚を組み合わせた、ヘルシーでお腹の満足度も高いメニューを学べるクラスです。
メニュー <1月>

冬の菜園イタリアン/16名/8,500円

  • ●蓮根と金柑のサラダ(蓮根)
  • 焼いたホクホクの蓮根に甘酸っぱい金柑を合わせたホットサラダです。

  • ●白インゲン豆と苺のマリネ(苺)
  • ビネガーとイタリアンパセリでマリネした白いんげん豆と赤玉葱の冷菜。意外にも、苺がとてもよく合います。

  • ●冬かぶと手打ちパスタニョックリのカチョペペ(かぶ)
  • 両手の指でひっかいて作るとても簡単な手打ちパスタ「ニョックリ」。黒こしょうとチーズをたっぷりかけたシンプルなソース「カチョペペ」に、焼いた冬かぶも添えます。

  • ●キャベツのリボッリータ(キャベツ)
  • キャベツとパンをくつくつ煮込むトスカーナのスープ「リボッリータ」。古くなった硬いパンが、見違えるように美味しくなります。

  • ●豚肉のプルーンの挟み焼き(プルーン)
  • 豚バラ肉の皮目に切り込みを入れ、薄切りしたにんにくとドライプルーンをはさんで焼き上げるメイン料理。とっても簡単なのに、美味しくて見た目も素敵です。

  • ●ボネ
  • ココアと砕いたクッキーに温めた牛乳を加えて作る、ピエモンテ地方のカカオ風味のプリンです。
 
写真
藤田承紀

イタリアでの料理修業後、帰国。料理教室を主宰する傍ら、自然栽培、有機栽培で年間130種を越える野菜作りを実践中。雑誌掲載やテレビ出演等、メディアで活動しながら、「食卓に笑顔を」をモットーに、家庭でも簡単にできる野菜たっぷりの菜園イタリアンを提案。書籍には「野菜のチップス 果実のチップス」(文化出版局)、「野菜のスープ」(主婦と生活社)がある。

スケジュールを見る
今後も様々なイベントやレッスンを追加していきますのでどうぞお楽しみに。
一番上へ

クリエイティブキッチン

様々なジャンルで活躍しているゲストをお招きしてのコラボワークショップ。
ゲストによるワークショップにSHIORIレシピの軽食が付きます。

レシピ26

レシピ26

1月21日(土)
①11時~14時
②17時〜20時
定員:16名 / 10,000円
(レッスン料、材料費、食事、ドリンク代すべて込み)
SHIORIのイタリア料理の師であるジャンルーカシェフの夏と冬の来日に合わせた、コラボレッスンも5回目を迎えます。今回も日本でも手に入る素材を使い、イタリアらしい調理法の料理をご紹介します。
毎回参加者のみなさんと作る大盛り上がりの手打ちパスタはタッコーニというひし形のパスタを作りますよ。きっとこんなに適当な形に切るパスタはみなさんはじめてではないでしょうか♩
日本語が堪能なジャンルーカシェフを囲んでイタリアンな時間を過ごしましょう。ご試食はコース形式で、最後はSHIORIレシピのドルチェをお楽しみ下さい。
メニュー
Antipast
ポロねぎ、ジャガイモ、大麦のスープ
Primo Piatto
キノコとソーセージのソース 手打ちタッコーニ
Secondo Piatto
ルッカ風豚カツレツの煮込み ほうれん草のソテー添え
Dolce
当日のお楽しみ

※ご試食の際、スプマンテを1杯サービス。

ジャンルーカ・パルディーニ
13歳から夏休みにルッカのリストランテで働き始める。
21歳でフランスのオルレアン初のイタリアレストランのシェフを務める。
その後パリでフランス料理を学んでいるとき、麻布十番にある日進ハムに招聘され来日する。3年半にわたりハム、サルミ、ソーセージ、テリーヌなどの技術指導に当たる。イタリアに戻り、妻と共同で故郷ルッカにリストランテをオープンし、1997年からシエナ料理学院で主任を務め、2004年からルッカ料理学院(http://www.lucca-italia.jp/)の校長に就任。
イタリア司厨士協会認定マエストロ・ディ・クチーナ(トスカーナ州では3人のみ)

レシピ25

レシピ25

12月18日(日)
18時半〜21時半
定員:20名 / 7,500円
(レッスン料、材料費、食事、ドリンク代すべて込み)
早いものでもう年末。大掃除の片手間にきじま家でよく作るという【絶品煮豚】を習います。他にも漬け込んで焼くだけのスペアリブ、わたしはもつ煮込みなどを作ります。この日は年末に役立つメニューのデモンストレーションをそこそこにアトリエ忘年会もかねて、日曜の夜にたっぷり食べて飲んで、楽しい時間をお過ごしください。立食形式でつまめる野菜やその他の気まぐれおつまみ、お酒やノンアルコールもご用意します。持ち込みドリンクも可。


きじま りゅうた ryutakijima
1981年 東京生まれ。祖母は料理研究家の村上昭子、母は同じく料理研究家の杵島直美という家庭に育ち、幼い頃から料理に自然と親しむようになる。大学卒業後アパレルメーカー勤務を経て料理研究家の道を目指す。杵島直美のアシスタントをつとめたのち独立。男性のリアルな視点から考えた「若い世代にもムリのない料理」の作り方を提案している。現在はテレビや雑誌、イベント出演を中心に活動。自身で主催する料理教室も開催中。動画配信サイト「ニコニコ生放送」やyoutubeなどで「きじまりゅうたの休日もだいどころ」を自主制作で放送中。「今日も、カレー味 誠文堂新光社」など著書多数。
ダイドコログ(DAIDOKOLOG)→http://www.daidokolog.com/

レシピ24

レシピ24

11月20日(日)
10時半〜13時半
定員:16名 / 6,500円
(レッスン料、材料費、食事、ドリンク代すべて込み)
丁寧でわかりやすい!大人気のカメラ教室を主宰するfelica spico佐藤さんをゲストにお招きしてスマホ写真の教室を開催します。美味しそうな料理写真の撮り方を座学と実践の両面から丁寧に教えていただきます。自然光を使った基本的な料理の撮影技術からアプリの使用方法まで知っていると役立つお話が満載です。教室ご参加にあたり、前もってInstagram(インスタグラム)のダウンロードとユーザー登録をお願いいたします。当日は、SHIORIのランチが付きます。




佐藤朗 akirasato
1978年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。フォトグラファーとして、写真撮影を専門に新聞、雑誌、書籍、webなど各メディアで活動。そのかたわらで、2011年に料理専門の写真教室felica spicoを設立。写真のビギナーからプロ志望まで幅広く、料理専門で写真撮影の技術を指導。
著書に「もっとおいしく撮れる!お料理写真10のコツ」(青春出版)、「おいしいかわいい料理写真の撮り方」(イカロス出版)がある。
・ホームページ→ http://felica-spico.com
今後も様々なイベントやレッスンを追加していきますのでどうぞお楽しみに。
一番上へ